仏壇 移動

 

仏壇の移動を格安で行う方法

仏壇 移動

仏壇 移送

仏壇 配送

仏壇 引越し

 

仏壇は高価でデリケートなものですから、移動させる時は緊張しますね。
引越しなどで仏壇を動かす場合の手順は以下のとおりです。

 

@引越し日までに檀家のお寺に連絡して、住職に来てもらい精抜きをしてもらいます。

 

A精抜きした仏壇は普通の家具として、引越し業者に梱包してもらい丁寧に運んでもらいます。
※遺影や位牌など大切なものは、貴重品扱いとして自分で運ぶことをおすすめします。

 

B引越し後もう一度住職に来てもらい、今度は精入れをしてもらいます。

 

しかし、最近ではここまでやらずとも仏壇の移動の前と後にしっかり手を合わせておけばいいという考え方も広まっています。
住職さんに何度も来て頂くにはそれなりの用意も必要ですから、家族でよく相談をしてどのように仏壇を移動するか決めるといいですね。

 

今までは仏壇店に連絡して運んでもらうのが一般的でしたが、やはり費用がかかります。
そこでオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです!

 

仏壇 移動

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

複数の業者からの見積もりが取れますので、一番安い業者を探すのも簡単です。
仏壇だけを運んで欲しいという依頼も少なくありません。

 

是非ご活用くださいね!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

引越しの時期と繁忙期

 

引越し繁忙期

 

引越しの費用は、荷物の量と引越し距離が同じであれば1年中いつでも同じというわけではありません。

 

引越し件数は1年で3月が最も多く、この時期はどこの引越し業者も猫の手も借りたいほど忙しい時期なのです。

 

この時期を繁忙期と呼び、引越しの価格は通常期に比べて高く設定されています。
もし引っ越し時期にこだわりがないのであれば、3月前後の繁忙期は避けた方がいいと思います。

 

繁忙期は引越しをしてくれる業者が見つからないという事態もあり得ますから、新居の住所がわかったらすぐに複数の引越し会社に見積もりを依頼してくださいね。スピードが大事です。

 

繁忙期に引越しが集中する理由は、大学への進学・会社の就職・春の人事異動での転勤などが新学期がスタートする4月に間に合うようにと一斉に移動するからです。

 

繁忙期の引越しは早さが勝負です。

 

 

引越しのおおよその手順

 

引越しの手順

 

引越しの時はすることが多いので、少しでも楽になるようにおおまかな手順を確認してみませんか?

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

引越し業者を早く決めてしまいたいところですが、新居が決まるまでは正確な価格は出すことができません。
4階より高い物件はエレベーターがほぼありますが、4階以下ですとエレベーターがない物件も沢山あります。
エレベーターなしの物件で4階の引越しは時間がかかりますから、費用もその分上乗せされるのです。

 

ですから、物件が決まったら引越し業者に見積もりを取りましょう。

 

もし引越し費用を抑えたいのであれば、できるだけ荷物を減らしましょう。
不用品の運送費もバッチリ引越し費用にかかるので、不用品は引越し前に処分したほうがお得です。

 

市外へ引越しする場合は、転出届を市町村役場に提出します。引越し2週間前から提出できます。
国民年金や国民健康保険のことも聞いておくといいですよ。

 

電気・ガス・水道会社に引越しする日を伝えて、その日までの料金の精算方法を聞きましょう。
日割りで計算してくれます。
火事を出さないために大元のガスの元栓をガス会社の人と閉める作業があるかもしれませんので、確認しておきましょう。
もし新居が同一市内なら、電気・ガス・水道を引越し日から新居で使えるようにしてもらう手配もしましょう。

 

郵便局で転送届を出しておけば、1年間は郵便物を新居に転送してくれます。
そのあいだに知り合いに引越ししましたという連絡をしてくださいね。

 

引越し当日は家財の置き場所を指示してください。
あらかじめ決めておいて紙に書いてどこかに貼りだしてくれると引越し業者も助かると思います。

 

市内引越しなら市町村役場で転居届を、市外引越しなら転入届を提出しましょう。
引越し2週間以内にしましょう。

 

免許証やパスポート、各種保険、銀行カードやクレジットカード、その他大事な会員証などはそれぞれに連絡して住所変更をしてもらいましょう。転送は1年間なので、わすれないうちに行いましょう。

 

 

冷蔵庫 搬送 冷蔵庫 移動 大型 家具 配送 タンス 引っ越し